【新型コロナ詳報】千葉県内106人感染、1人の死亡判明 100人超は初 県「極めて重大」

 千葉県内で19日、新たに106人の新型コロナウイルス感染が判明した。新規感染者が100人を超えたのは県内で初めて。これまでの最多は14日の88人だった。記者会見を開いた県は「首都圏での感染者が急増しており、極めて重大な事態。感染にブレーキをかけなければならない」と強調。県民一人一人に感染防止策を講じるよう要請した。

 また、50代男性で野田市議の感染が分かったほか、船橋市では新型コロナに感染し入院していた60代女性1人の死亡が判明。県内で確認された死者は85人に増えた。

 ◆死亡女性、呼吸器疾患

 船橋市は19日、新型コロナウイルスに感染して入院中の市内居住の60代女性1人が死亡したと発表した。同ウイルスによる急性呼吸器疾患を発症したという。

 同市は市内居住者14人の新規感染も発表。このうち70代無職男性が酸素吸入を受けており、症状がやや重い。20代女子学生ら少なくとも6人の感染経路が不明。10代男子学生、別の20代女子学生、70代無職女性の計3人は、それぞれ友人の感染が分かっていた。同居家族の感染が判明していたのは80代無職女性ら4人。

 ◆クラスター新たに8人

 千葉市は19日、クラスター(感染者集団)が発生した同市緑区の特別養護老人ホーム「誉田園」で、新たに8人の感染が確認されたと発表した。同ホームでの感染者は計46人になった。

 市によると、感染が分かったのは70代~90代の入所者男女7人(軽症6人、無症状1人)と60代の女性職員(軽症)。入所者5人が入院、女性職員と入所者2人が入院に向け調整している。

 また、市内居住で20代~70代の男女10人の感染も発表。6人の感染経路が不明。

 ◆男女5人やや重い症状

 県は19日、61人分を発表した。八街市の50代無職女性が別の疾患で救急搬送され、入院の際の検査で感染が判明。集中治療室に入って酸素投与を受けており、重症。

 野田市の60代男性会社員、鎌ケ谷市の20代男性アルバイト、流山市の60代無職の男性、我孫子市の40代女性会社員、松戸市の40代男性会社員の計5人にそれぞれ肺炎像が見られ、症状がやや重い。

 香取市の30代男性会社員と、息子で10歳未満の男児の感染が判明したが、症状はない。2家族がそろって会食していた。

 ◆柏、女性保育士感染

 柏市は19日、20~70代の市内居住の男女13人の感染を発表した。いずれも軽症か無症状、症状消失。

 市によると、40代の保育士の女性は市内の私立認定こども園に勤務。市保健所の調査で園児や他の職員に濃厚接触者はいない。休園はせず、施設内を消毒し通常通り開所している。

 家族や勤務先の同僚の感染が判明しているのは8人。50代の会社員女性は息子、50代の会社員男性は妻、40代の会社員女性は夫、70代の無職女性は夫がそれぞれすでに感染。20~40代の会社員男性3人と20代の飲食業男性はそれぞれ同僚の感染が分かっている。残り5人の感染経路は不明。

 ◆20代が最多24人

 19日に千葉県内で感染が確認された人の年齢層は、20代が24人で最多となり、50代が21人で続く。40代が15人、60代が12人、30代が11人、70代が9人、80代が6人、10代が5人、90代が2人、10歳未満が1人だった。

 居住地別では▽千葉市18人▽柏市15人▽船橋市14人▽松戸市10人▽我孫子市8人▽市川市7人▽浦安市5人▽香取市4人▽流山市、野田市、印西市が各3人▽▽八街市、君津市、袖ケ浦市が各2人▽市原市、鎌ケ谷市、成田市、富里市、東金市、大網白里市が各1人▽県外が3人▽居住地不明が1人だった。


  • LINEで送る