2020夏季千葉県高等学校野球大会 あの瞬間を捉えた写真も多数

幼稚園から連絡あった 市原市、また説明一転 乳児死亡

 市原市で1月、衰弱状態で放置された生後10カ月の小西紗花(すずか)ちゃんが死亡し母親が逮捕された事件を巡り、市は11日、紗花ちゃんの姉が通園する幼稚園から、紗花ちゃんに関する情報提供を受けていたことを明らかにした。10日の会見で市は「(紗花ちゃんに関する)通報はなかった」としていたが、説明を一転させた。

 市によると、昨年12月18日に幼稚園から市に電話があり、園長から「長女(姉)が欠席がちとなった9月から、第3子(紗花ちゃん)を見たことがない」と情報が寄せられていたと公表した。市は「資料の確認が不十分だった。申し訳ないと思っている」と謝罪した。

 一方、紗花ちゃんの兄が通う保育園は昨年12月、送迎時に紗花ちゃんを見かけなくなったことを不審に思い、市に「様子を確認してほしい」と2度連絡していたという。

 これに対し市は10日の会見で、保育園から連絡があったことは認めたが、内容は兄の登園日数が減っていることなどで「次女(紗花ちゃん)についてではない」と述べ、食い違いを見せた。さらに、他の機関からの連絡もないと答えていた。


  • LINEで送る