5月限定!登録無料キャンペーン実施中
新型コロナウイルス情報

千葉県内で大学生2人陽性 流山、松戸男性も

 千葉県は31日、茂原市と松戸市居住で都内の同じ大学に通う20代の男子大学生2人、流山市の40代男性会社員、松戸市の60代無職男性の新型コロナウイルス感染も判明したと発表した。

 県によると、大学生2人は同じ学部。このうち、松戸市の大学生は2~16日にドイツ、チェコ、スイス、フランスの4国を単身で旅行。16日の帰国後、24日までは自宅待機したが、25日に都内での大学卒業式に出席。十数人と会食した。26日には松戸市内の飲食店で友人3人と会食していた。30日に県内病院を受診し陽性と判明。23日から味覚・嗅覚に異常があったという。友人や同居の両親が濃厚接触者になる。

 茂原市の大学生も25日に同じ卒業式に出たが、違う部屋だったという。27日に40度の熱が出て、30日に陽性と確認。31日に県内病院に入院した。せきとのどの痛みがある。同居している両親、祖父母、きょうだい2人が濃厚接触者となる。

 40代男性は25日から発熱し、30日に陽性と判明。自宅待機しており、入院予定。25日に会食した同僚1人と、勤務先(都内)の同じ部署の5人が濃厚接触者。

 60代男性は21日から発熱。26日に肺炎と診断され、症状が悪化し28日に県内病院へ入院。30日に陽性と確認された。38・5度の熱、体のだるさがあり、酸素を投与している。21、24、26日に松戸市内のクリニックへ透析を受けに行った。同居の妻が濃厚接触者。

 県内で確認の感染者は176人となった。


  • LINEで送る