5月限定!登録無料キャンペーン実施中
新型コロナウイルス情報

感染した保育士の勤務先保育園を休園 千葉市

 千葉市の熊谷俊人市長は29日、臨時記者会見を開き、新型コロナへの感染が判明した八街市の女性保育士が勤務する認可保育園「ほのぼのたんぽぽほいくえん」(千葉市花見川区幕張本郷1)について、隣接の小規模保育園とともに30日から4月10日まで休園にすると発表した。今のところ、他の職員や園児に体調不良者はいないという。

 千葉市によると、両保育園には園児計75人、職員計34人が在籍。園児のうち、女性保育士が受け持っていたクラスの12人を濃厚接触者として健康観察を行い、必要に応じて検査を実施する。他の園児も保護者の要望があれば検査する。職員は全員から検体を採取し、市保健所で検査を始めた。また、休園期間中に両保育園を消毒する。

 熊谷市長は「園内の感染状況を慎重に見極めたい」と述べた。その上で「他の各施設に予防の徹底を周知する。職員は少しでも兆候があれば、子どもや高齢者を守るためにも休んでほしい。施設側も人材不足で大変だと思うが、柔軟な対応を」と呼び掛けた。


  • LINEで送る