2020夏季千葉県高等学校野球大会 あの瞬間を捉えた写真も多数
新型コロナウイルス情報

一律休校せず 小中6割2日から 高校入試は予定通り 【新型肺炎】

小中学校の休校開始日
小中学校の休校開始日

 新型コロナウイルスによる肺炎の拡大防止で、安倍晋三首相が全国の小中高校・特別支援学校の3月2日からの臨時休校を要請したことを受け、森田健作知事は28日に記者会見し、千葉県は一律の実施ではなく「現場の意見を優先し、準備が整った学校からの速やかな休校」を図る方針を説明した。小中学校の対応は事実上、各市町村教委の判断に委ねられ、千葉日報社の集計で3月2日開始は約6割の32市町。大半が4日までに始める。2日の県内公立高校後期入試は予定通り行う。

 森田知事は27日夕の首相の休校要請表明に「突然で大変驚いたが、国の危機管理上の判断で、協力したい」と理解を示す一方で、特別支援学校生が自宅で過ごす準備や学年末の成績まとめなどに一定期間が必要で、3月2日の開始は必ずしも求めないと強調した。

 沢川和宏県教育長も記者会見し、市町村教委に参考として通知した県立学校の対応方針を報告。「遅くとも3月6日までに休校を」との考えを示した。

 臨時休校中は生徒らに「家庭学習」「不要不急の外出を厳に控えること」を求める。部活動は校内外を問わず中止。臨時休校に続いて春休みに入る想定で、終業式・修了式・離任式は行わない。卒業式は保護者が参加しない方式で認める。

 休業中の生徒や保護者への連絡は学校のホームページ・メールを活用。子どもや保護者の不安に応える教育相談の電話窓口も、各校で休業前に周知する。

 公立高校の後期入試には約1万5千人が志願。市独自の感染拡大防止措置で先行休校した一部中学校の生徒は、別会場や別室での受験となる。県立高では同入試翌日の3月3日から休校準備に入るため、休校は早くても同4日から。

 私立学校にも実情に応じた休校開始を要請した。

 県内の休校対象の総数(私立含む)は約1400校に上る。千葉日報の集計で、小中学校の休校開始を3月2日としたのは松戸市や白井市、栄町など32市町。3日開始は千葉市や野田市、鋸南町など16市町村で、4日は柏など3市。


  • LINEで送る