繰り返し長男虐待か 千葉県職員、傷害容疑で再逮捕 頭部や肋骨骨折

石谷健二容疑者
石谷健二容疑者

 千葉県職員が生後4カ月だった長男を殴ってけがを負わせたとされる事件で、千葉北署は9日、頭部骨折などの重傷を負わせたとして、傷害の疑いで県総務部政策法務課主事(休職中)、石谷健二容疑者(24)=千葉市稲毛区作草部2、傷害罪で起訴=を再逮捕した。容疑を認めているが、捜査に影響があるとして詳しい供述内容を明らかにしていない。

 逮捕容疑は昨年11月23日~12月2日ごろ、自宅アパートで、生後4カ月だった長男を複数回にわたり拳で殴るなどし、右側頭部と肋骨(ろっこつ)の骨折などの重傷を負わせた疑い。

 同署などによると、30代の妻が長男のけがの状況を写真撮影し記録を残しており、石谷容疑者の供述などと合わせて調べを進め再逮捕した。妻に見つからないように暴行していたとみられる。

 昨年12月3日、長男はけがの治療で千葉市の病院に入院。虐待を疑った医師が千葉市児童相談所に通告し、市児相は長男を一時保護するとともに同署に通報した。同署は同月6日、長男の左頬を殴りけがを負わせたとして傷害容疑で石谷容疑者を逮捕。千葉地検は同罪で起訴している。

 長男の頬のけがは全治10日程度だったが、他に骨折や皮下出血などの時期が異なるとみられるけがが複数カ所にあり、同署は日常的な虐待があった可能性も視野に捜査を進めていた。

 捜査関係者によると、石谷容疑者は妻と育児を分担し、長男を風呂に入れる頻度が多かったという。逮捕後の調べに対し「妻が入れると泣かずにいるのに、自分が入れると泣いてしまう」と供述していた。

 妻の不在時に長男をあやすこともあったが、「あやしてもいつも泣きやまず、いらいらが募った」という趣旨の話や「発覚していなければ虐待を繰り返していたと思う」という供述があったことも判明している。

 同署によると、長男は現在、生後5カ月となり、入院したまま市児相に一時保護されている。命に別条はない。


  • LINEで送る