モーターボートから遺体 銚子署、遺棄事件で捜査

 14日午後1時25分ごろ、銚子市潮見町の「銚子マリーナ」の職員から「停泊中のモーターボートから異臭がする」と銚子署に通報があった。駆け付けた同署員が外国船籍のモーターボート(全長約6メートル)内にあった木箱からブルーシートにくるまれた遺体を見つけた。遺体は腐敗が進んでおり、性別や年齢は不明。同署は死体遺棄事件とみて、詳しい状況を調べている。

 同署によると、木箱はモーターボートの操舵(そうだ)室内にある鍵付きの物置内にあった。同ボートは陸に引き上げられたまま、約2年間放置されていた。同職員は同ボートの所有者と連絡が付かないことを不審に思い、確認しようとして異臭に気付いた。物置の鍵は掛かっていたという。

 同署は今後司法解剖するなどして遺体の身元や死因などを調べる。

 同マリーナは契約したモーターボートやヨットなどが停泊している。


  • LINEで送る