登校中の小3女児、はねられ2人死傷 青信号で横断中に 木更津の交差点

  • LINEで送る

小3女児2人がはねられた事故現場を調べる捜査員=23日午前9時45分ごろ、木更津市江川
小3女児2人がはねられた事故現場を調べる捜査員=23日午前9時45分ごろ、木更津市江川

 23日午前7時15分ごろ、木更津市江川の県道交差点で、登校中に横断歩道を歩いて渡っていた市立岩根小3年の女児2人が軽乗用車にはねられた。2人は市内の病院に運ばれ、全身を強く打った安藤音織(ねおり)さん(8)=同市江川=が約1時間後に死亡が確認された。もう1人の女児(8)も重傷を負ったが、命に別条はないという。

 木更津署は、自動車運転処罰法違反(過失傷害)の疑いで軽乗用車の同市請西東5、自称アルバイト、高山登容疑者(49)を現行犯逮捕。容疑を同致死傷に切り替え調べている。

 同署によると、女児2人は現場から直線で約1キロ離れた同小に登校中で、交差点には押しボタン式の信号と横断歩道があった。2人は青信号で横断中に、右から直進してきた軽乗用車にはねられたとみられる。

 高山容疑者は「ぼーっとしていて信号を見ていなかった」などと供述。同市内のアルバイト先に向かう途中だった。同署は、赤信号を無視して2人をはねたとみて詳しい状況を捜査している。軽乗用車は横断歩道から約30メートル離れて停車しており、現場に明確なブレーキ痕はなかったという。

 目撃した女性が「(車が)赤信号で突っ込んできた」などと通報した。

 現場はJR木更津駅から北西に約2・3キロの住宅街で、交通量の多い片側2車線の県道と市道が交わる交差点。近隣住民によると、交差点の横断歩道は同小児童の通学路になっていた。

 近くに住む女性(62)は「バーンという音が聞こえて見に行ったら、子どもがうつぶせに倒れていて(学校の)道具が周りに散らばっていた」と振り返った。

 同小の唐鎌勲校長は「子どもの方に非はない。このような事故が起こり大変な憤りを感じている」と述べた。2人は同じクラスで、漢字練習などに前向きに取り組む明るい児童だったという。