車衝突、12歳女児死亡 過失傷害容疑で男逮捕 野田署

  • 0
  • LINEで送る

 21日午前7時10分ごろ、野田市中里の市道交差点で、乗用車と軽乗用車が出合い頭に衝突した。軽乗用車の後部座席に乗っていた同市小山、市立川間小学校6年、染谷夏乃海さん(12)が車外に放り出され、頭を強く打って間もなく死亡。助手席の弟(10)は左足に軽傷を負った。運転席の祖父(65)にけがはなかった。

 野田署は自動車運転処罰法違反(過失傷害)の疑いで乗用車の同市岡田、自称リサイクル会社役員、川越茂男容疑者(59)を現行犯逮捕。容疑を過失致死傷に切り替え、調べている。

 同署によると、現場は信号機のない十字路。見通しは良好で、川越容疑者側に一時停止の標識があるという。夏乃海さんは、弟と一緒に祖父の車で学校へ送ってもらう途中だった。

 川越容疑者は容疑を認め、「出勤途中で急いでいた」と供述。軽乗用車の後部座席付近の損傷が激しいことから、同署は川越容疑者のスピード出し過ぎも視野に、詳しい状況を聴いている。