淫行の消防士停職 「迷惑掛けた」依願退職 千葉市消防局

  • LINEで送る

消防士の懲戒処分を発表し謝罪する千葉市消防局の中村由明総務部長(右端)ら=19日、同市役所
消防士の懲戒処分を発表し謝罪する千葉市消防局の中村由明総務部長(右端)ら=19日、同市役所

 千葉市消防局は19日、自宅で18歳未満の女子高校生にみだらな行為をしたとして、緑消防署の男性消防士(24)を停職3カ月の懲戒処分にした。男性は同日付で依願退職した。千葉西署が2月1日に県青少年健全育成条例違反(淫行)の疑いで書類送検し、千葉地検は今月9日に不起訴処分(起訴猶予)としていた。

 同局人事課によると、消防士は中央消防署に勤務していた2017年8月31日、短文投稿サイト「ツイッター」を通じて知り合った18歳未満の女子高校生を同市内の自宅に泊め、みだらな行為をしたとされる。

 その後、女子高校生と交際したが、昨年3月ごろに別れ話を巡ってトラブルになり、消防士が翌4月に千葉西署に相談。同年12月に署が消防士に事情を聴き、同課が把握した。

 同課の聞き取りに、消防士は「出会った当初は18歳未満だと知らなかった」と弁明したが、年齢を知った後も自宅に泊めるなどした。「自分の軽率な行為で、相手の女性や両親、また職場にも大きな迷惑を掛けてしまい申し訳ない」と反省しているという。

 同局の中村由明総務部長は「市民の信頼に背く行為で深くおわびする」と謝罪した。