明るい頑張り屋さん 心愛さん、学級委員長も 野田小4女児死亡

  • LINEで送る

 明るく友人も多く、学級委員長を務めた頑張り屋さんだった。野田市の自宅浴室で今月24日に亡くなった小4の栗原心愛さん(10)。元同級生や通っていた塾の講師は父親の勇一郎容疑者(41)が傷害容疑で逮捕された事件に驚き「かわいい子だったのに、なんでこんなことに…」とやるせない思いを抱える。

 小学3年の途中まで暮らしたのは母親の実家がある沖縄県糸満市。近所で商店を営む吉田健人さん(38)はおばあちゃん子だった心愛さんが幼稚園の帰りに手をつなぎ、よくお菓子を買ってもらっていた姿を覚えている。小学校に上がると、友人と一緒に店の前のベンチに座り、楽しそうに遊んでいたという。

 通っていたそろばん塾の男性講師(80)は「真面目過ぎるくらいのかわいい子だった」と話し「どうしてこんなことになったのか」と事件を嘆いていた。

 現在の学校に転校後は学級委員長を務め、私生活での相談は学校に一切しなかった。かつて虐待情報に基づく児童相談所の一時保護があったが、校長は「学校生活は充実し、親子関係も良くなったと思っていた」として「まさかこんな結果になるとは…」と悲痛な様子だった。