虐待か10歳女児死亡 傷害容疑で父親逮捕 野田

  • LINEで送る

栗原容疑者の自宅マンション=25日午後6時ごろ、野田市山崎
栗原容疑者の自宅マンション=25日午後6時ごろ、野田市山崎

 小学4年生の長女(10)に冷水シャワーをかけるなど暴行しけがを負わせたとして、野田署は25日、傷害の疑いで野田市山崎、自称会社員、栗原勇一郎容疑者(41)を逮捕した。同署によると、長女は自宅で死亡し、体に古いあざのような痕が複数あり、同署は日常的に虐待を受けていたとみて死亡との関連を調べている。

 逮捕容疑は24日午前10時~午後11時20分ごろ、自宅マンションで、長女の心愛(みあ)さんの髪の毛を引っ張ったり、冷水のシャワーをかけたりし、両手で首付近をわしづかみにするなどして首にけがを負わせた疑い。同署は認否を明らかにしていない。

 同日午後11時10分ごろ、栗原容疑者が「娘を風呂場に連れて行きもみ合いになり、静かになって意識と呼吸がない」と自ら110番通報。駆け付けた同署員らが、浴室の洗い場で衣服を着たまま心肺停止の状態であおむけで倒れている心愛さんを見つけ、現場で死亡を確認した。

 心愛さんの体には、直接死につながるような大きな外傷はなかった。司法解剖して死因を調べる。

 栗原容疑者は心愛さんと妻(31)、次女(1)の4人暮らしで、犯行時は全員在宅していた。心愛さんは今年1月7日の始業式から小学校を欠席しており、栗原容疑者が学校に「家族で沖縄に行っていて滞在する」「曽祖母が体調不良のため(心愛さんが)そばにいたいと言っている」などと連絡したという。

 心愛さんが市内の別の小学校に通っていた2017年11月、「家庭での心配事」を担任に相談。市は学校から「虐待がある」との連絡を受け、県柏児童相談所が保護したという。

 同相談所は千葉日報社の取材に、心愛さんの対応をしていたことは認めたが、相談・対応内容やけがの有無などは「個別の内容には答えられない」。25日午前に警察から心愛さんが亡くなったことを知らされ「大変残念。対応がどうだったのか検証したい」と話した。

 県警は、心愛さんに関する虐待の相談などについて「警察の取り扱いはない」と回答。同署が市要保護児童対策地域協議会から定期的に提出を受ける保護対象児童のリストに心愛さんの名前があったが、「危険性は児童相談所の判断。警察がまったく判断しないわけではないが、直ちに対応すべき対象とは考えていなかった」としている。