19歳少年殺害認める 弁護側、現金強取は争う 茂原女性強殺初公判

  • LINEで送る

 茂原市東茂原2の住宅で昨年2月、住人の椎野芳子さん=当時(85)=が殺害され現金を奪われた事件で、強盗殺人などの罪に問われた少年3人のうち、当時18歳の土木作業員だった少年(19)は15日、千葉地裁(川田宏一裁判長)で開かれた裁判員裁判の初公判で、強盗目的で殺害したことを認めた。一方で「お金を取ったことは分からない」と述べ、弁護側も現金強取の有無について争うとした。

 起訴状などによると、いずれも無職の19歳と17歳の少年と共謀し、昨年2月26日午前1時15分ごろ、寝室で椎野さんを床に押し倒して殴ったり首を絞めるなどして現金約1万2千円を奪い、ナイフ(刃渡り約10・5センチ)で首を3回突き刺して殺害したとしている。

 冒頭陳述で検察側は、同市内のアパートで同居していた共謀の2人に強盗に誘われ、指紋を残さないようにゴム手袋をして椎野さん宅に侵入し、目を覚ました椎野さんをあばら骨が折れるほどの力で床に押さえ付けたと指摘。他の2人が室内を物色し現金を強取したが大金は見つからず、椎野さんが「金は腹の中にある」「殺すなら殺せ」と言ったため、被告少年がナイフを持ってくるように指示し首を3回刺したと述べた。

 犯行後、共謀少年から現金1万円を受け取り、事件時に履いていたスニーカーを用水路に捨てたこと、強盗を「たたき」と呼んでいたことを明らかにし「殺害を実行して主要な役割をしている。事前に役割分担し計画的で悪質」と批判した。

 弁護側は「現金を盗んだという事実まで認められるかは疑問。現金を受け取ったことは事実だが、事件の時に取ったものなのか」と述べた。

 また検察側は「孫をかわいがり、よくお小遣いをあげていた。なぜ母を殺したのか。厳重に処罰してほしい」とする椎野さんの長男の調書を読み上げた。

 少年は、がっちりとした体格ながら、あどけなさが残る面持ち。頭を丸刈りにし、紺色セーター姿で出廷。終始落ち着いた様子だった。

 残る少年2人の公判は今後開かれる。2人は16日の被告少年の第2回公判に証人として出廷する予定。