セクハラで停職6カ月 市川市の男性主幹

 市川市は21日、飲み会などで女性職員にセクハラ行為を繰り返したとして、経済部の40代男性主幹を停職6カ月の懲戒処分とした。

 市人事課によると、主幹は今年4~10月、仕事終わりに行われた複数回の飲み会などで女性職員に対し、「(仕事のお礼は)体で返してください」といったわいせつな言葉を掛ける▽頭をなでる▽あごを触る▽手を握る-などのセクハラ行為を繰り返した。

 飲み会には複数の職員が参加。主幹は飲み会帰りのエレベーターや電車内でも同様の行為を行っていた。市の調査に対し、主幹は部分的にセクハラ行為を認めているという。

 処分を受け、村越祐民市長は「法令に従わなければならない公務員で、さらにハラスメントを防止する立場の管理職の行為は遺憾の極み。深くおわびし、職員に服務規律の順守を徹底する」とコメントした。


  • LINEで送る