「気化熱実験」称し 女子生徒に下着外さす 市川・中学講師を懲戒免職

  • LINEで送る

 理科の実験への協力を装い、女子生徒に下着を外させたなどとして、市川市教育委員会は5日、市立中学校で理科の授業を担当していた20代の男性非常勤講師を懲戒免職処分にした。

 市教委によると、講師は「気化熱の実験に協力してほしい」などの理由で女子生徒を呼び出し、気化熱で冷たく感じる冷感タオルを渡して「体に巻くと効果が分かるよ」と誘導。生徒にトイレなどで下着を外して冷感タオルを巻かせ、上にジャージを着てくるよう仕向けたという。

 7月2日~8月28日ごろに1~2人ずつ個別に呼び出す形で、数人が被害に遭ったという。夏休み明けの9月に被害生徒の1人が担任に相談し、発覚した。

 講師は直接体に触ったり、撮影したりはしていないが、市教委の調べに「あわよくば下着を見たり、触れると思っていた」と供述。市教委は自らの性的欲求を満たすための行為だったとして処分を決めた。

 講師は、理科の少人数授業を行うため、市教委が市費で採用していた。過去に市内の別の学校でも勤務していたが、同様の行為はなかったという。

 田中庸惠教育長は「職員が不祥事を起こしたことは誠に遺憾で、深くお詫び申し上げます。生徒のケアを最大限行い、今後このようなことが起こらないよう服務規律の遵守を徹底し、市民の信頼回復に努めてまいります」とコメントした。