「安らかに眠らせたい」 第三者委報告前に父語る 館山中2自殺

  • LINEで送る

 館山市で2008年9月に当時中学2年生の男子生徒が自殺した問題で、自殺といじめの関連を調べる第三者委員会が10日にも最終報告書をまとめるのを前に、父親の田副義春さん(63)が取材に応じた。全校アンケートの破棄などで学校や市教育委員会に不信感を募らせた10年間を振り返り、「早く安らかに眠らせてあげたい」と語った。

 死亡したのは長男の勝さん=当時(13)。08年9月10日に自宅で首をつっていた。「なぜこのような気持ちにならなければいけないのか?もうこの世の中につかれました。ずっと見守っています。おじいちゃんと一緒に… さようなら」。直筆の遺書にこう書き残した。

 義春さんによると、小さな頃から野球が大好きで、よくキャッチボールをせがんだ。共働きの両親を気遣い、晩ご飯を作ってくれる優しい性格。家族に心配を掛けたくなかったのか、自宅では亡くなる前も笑顔で過ごしていた。

 しかし、実際は小学校時代からいじめに遭い、別の校区の中学校に入学。直後からかばんを靴で踏まれたり、自転車をパンクさせられたりすることが頻繁にあった。

 学校や市教委の調査で、同じ部活動の生徒に「臭い」と言われ制汗スプレーを吹き付けられたり、からかわれたりしていたことが判明。ただ市教委は「いじめにつながる事実はあったが、いずれも伝聞情報で、自殺に結び付く要因は不明」として、因果関係を認めなかった。

 さらに調査過程ではたびたび問題が発覚した。自殺直後に無記名で実施した全校アンケート用紙を後任の校長が11年3月に誤って破棄。小学6年時の同級生も対象に加えた12年の記名式の再アンケートでは回答一覧を報道機関に公表したが、遺族側の情報公開請求で「臭い、うざい、死ね」と言われていたとの回答が一覧に記載されていなかったことも判明した。

 義春さんは「もはや進展が見込めない」として第三者委の設置を要請。教育、法律、医療・心理の専門家6人を委員とした第三者委が16年3月から調査を進めてきた。

 勝さんの遺骨は今も納骨できずにいる。義春さんは「犯人捜しのためではない。二度と同じような出来事が起きないよう、いじめが自殺につながったことをきちんと認めてほしい」と願っている。

 館山の中2男子自殺問題 館山市立中2年の田副勝さん=当時(13)=が2008年9月10日、自宅で首をつり自殺。遺族は学校でのいじめが原因と訴えた。市教育委員会は「いじめにつながる事実があった」と指摘したが、自殺との因果関係は否定した。11年の大津市の中2男子いじめ自殺をきっかけに、調査組織を設置して事実関係を明らかにすることを盛り込んだ「いじめ防止対策推進法」が13年に制定。勝さんの遺族は14年に第三者委員会設置を市長に求め、16年3月、教育の専門家や弁護士らを委員として発足した。

 ◇お断り=千葉日報社では、館山中2自殺問題の遺族と生徒を匿名で報道してきましたが、父親の田副義春さんの意向を踏まえ、生徒の勝さんとともに実名に切り替えます。