リンさん父「犯人に死刑を」 松戸女児殺害第9回公判

  • LINEで送る

千葉地裁で証人尋問を受け、その後記者会見する父親、レェ・アイン・ハオさん=15日、千葉県庁
千葉地裁で証人尋問を受け、その後記者会見する父親、レェ・アイン・ハオさん=15日、千葉県庁

 松戸市立六実第二小3年だったベトナム国籍のレェ・ティ・ニャット・リンさん=当時(9)=が昨年3月に殺害された事件で、殺人や強制わいせつ致死などの罪に問われた同小の元保護者会長、渋谷恭正被告(47)の裁判員裁判第9回公判が15日、千葉地裁(野原俊郎裁判長)で開かれ、父親のレェ・アイン・ハオさん(35)の証人尋問を行った。感情が高ぶり声を震わせる様子もみられたが、努めて冷静さを保とうとするかのように「許せない。犯人に対して死刑をお願いします」と訴えた。

 ニャットはベトナム語で「日本」、リンは「輝き」。日越の架け橋になってほしいと名付けられたリンさん。ベトナムで生まれ、2歳の時にハオさんが日本に呼び寄せた。「両親を助けてくれ、優しく弟の面倒を見てくれた。自分の命と同じくらいとても大事。殺害されたのは本当に悲しくて耐えられない」。ハオさんは証言台で心境を語った。

 リンさんの最期に思いを巡らし「お願い殺さないでください。お父さん、お母さん、助けてと叫んだと思う」。リンさんがいないことを不思議に思っていた長男(4)が、ある日「殺されたの?」と聞いてきたといい、「どうやって答えればいいのですか」と怒りで声を震わせた。

 極刑を求める理由を「犯人と同じ思考を持っている者へ見せしめをしないと社会が悪くなる。残虐な犯人は絶対死刑だと思っている。悪魔のような人間が生きることを許すことができない」。冷静にはっきりとした口調で訴えた。

 冒頭で「自分の日本語で述べたいと思います」と、できるだけ通訳を介さず日本語で話していたが、細かい表現について裁判長から「気持ちは分かるが伝わらないと意味がないので」と、ベトナム語で話すよう諭される場面があった。

 被害者参加制度を使って傍聴している母親のグエン・ティ・グエンさん(31)の「犯人の犯罪は決して許されるものではない」とする意見陳述書も読み上げられ、娘への思いを語る両親の言葉に裁判員席や傍聴席から鼻をすする音が聞こえた。渋谷被告はこの日、証言台の方向をじっと見つめていた。

 「死刑を求める理由を説明できた。裁判員のみなさんが分かってくれたかなと思った」と閉廷後、記者会見したハオさん。「父親としてできることはしてきた。あとは待つしかない」と目を潤ませた。

 第10回公判は18日午前10時から、論告求刑を予定している。