偽スタバグッズ販売か 商標法違反容疑、男女を逮捕 千葉県警

  • 0
  • LINEで送る

押収されたスマートフォンケース=11日午後、鎌ケ谷署

 大手コーヒーチェーン「スターバックス」の偽のロゴマークを使用したスマートフォンケースを販売目的で所持していたとして、千葉県警生活経済課は11日、商標法違反の疑いで、鎌ケ谷市道野辺中央1、会社員、磨田昌人(31)と同居する准看護師、石塚美智子(32)の両容疑者を逮捕した。

 逮捕容疑は、2人は共謀し2017年6月13日、自宅マンションで、スターバックスの類似マークを無断使用したスマホケース342個を販売目的で所持していた疑い。

 同課によると、磨田容疑者は「昨年から副業として中国から輸入して売った」などと容疑を認め、石塚容疑者は「彼氏がやったこと。よく分からない」と否認している。

 同課は昨年3~6月、少なくとも約400個の偽のスマホケースをネット通販サイトに出品して70万円程度売り上げていたとみており、販売実態などを調べる。

 磨田容疑者が同4~6月に十数回にわたり、国際郵便で中国から偽のスマホケースやコースターなど少なくとも計1500点以上を輸入したとして東京税関が摘発し、磨田容疑者の自宅から今回の偽のスマホケースを押収。県警に情報提供した。