84歳母殴打後に死亡 傷害容疑で息子逮捕 成田署

  • LINEで送る

 同居する母親(84)を殴ってけがをさせたとして、成田署は7日までに、傷害の疑いで栄町竜角寺台3、自称無職、小林一郎容疑者(60)を逮捕した。母親は6日に自宅の布団の上で死亡しているのが見つかり、同署は今後、司法解剖などで死因や関連を調べる。

 逮捕容疑は昨年12月26日ごろから今月6日までの間に、自宅で無職の母親の顔を右手で平手打ちし、右目の上に打撲を負わせた疑い。

 同署によると、小林容疑者は介護が必要な状態だったとみられる母親と2人暮らしで「夜中に何度も呼ばれるので殴った」と容疑を認めている。同署に6日午前「自宅で母親が亡くなっている」と通報した。母親は右脚にも打撲の痕があり、小林容疑者は「おむつを履かせる時に真っすぐ立つようにたたいた」と供述しているという。