「サイクル電車」運行開始 両国駅で出発式、週末に房総楽しんで JR千葉支社

  • LINEで送る

B.B.BASEの運行開始を祝う森田知事(右から4人目)、西田支社長(同5人目)ら=6日午前、東京都墨田区のJR両国駅
B.B.BASEの運行開始を祝う森田知事(右から4人目)、西田支社長(同5人目)ら=6日午前、東京都墨田区のJR両国駅

 JR千葉支社は6日、自転車を解体せずそのまま持ち込んで乗れる初の専用電車「B.B.BASE(ビー・ビー・ベース)」の運行を開始し、発着駅の両国駅で出発式を開いた。

 式には森田健作知事も駆け付け「房総方面は気候温暖で風光明媚(めいび)。千葉県のさわやかな風を体感し、海と山の幸を味わって」と本県の魅力をアピールした。

 同支社の西田直人支社長は「この電車は房総を自転車で駆け巡る基地とのコンセプトで開発した。房総は信号機が少なく平たんでサイクリングにふさわしい。週末ごとに違うエリアを走るので、いろんなコースを楽しんで」と呼び掛けた。

 和田浦駅まで乗車するという千葉市若葉区の会社員男性(28)は「JRお薦めのコースを巡るのが楽しみ。千葉駅から乗れるとさらに便利」と期待した。

 同電車は定刻の午前7時39分、両国駅の西山和弘駅長の合図で、約70人の利用者を乗せて発車した。

 3月31日までの毎週末に館山、勝浦、佐原、銚子の4方面へ週替わりで運行する。全席ともびゅうの旅行商品として扱い、インターネットや首都圏主要駅のびゅうプラザで販売している。