「人気カレー」道の駅で 甘みと辛さ良いと評判 多古

道の駅で提供されているオリジナルビーフカレーセット=19日、多古町
道の駅で提供されているオリジナルビーフカレーセット=19日、多古町

 多古町の道の駅多古あじさい館内のレストラン「キッチンTAKO」は20日まで、JAL(日本航空)特製オリジナルビーフカレーを提供している。普段はJALの国際線ラウンジと、子会社が運営する「DINING PORT 御料鶴」(成田市)でしか食べられないメニューで、来店者から人気を集めている。30食限定。

 昨年12月と今年3月には機内食の限定販売もしており、今回はJALとのコラボの第3弾。カレーはじっくり煮込まれており、素材の甘みと辛さのバランスが良い。具材の主役の牛肉は大ぶりにカットされ、食べ応え十分。御料鶴の運営会社とJALの客室乗務員が開発したイチゴのチーズケーキとサラダ、ドリンクが付いて1700円。

 運営会社の鎌形晶夫社長は「食べた瞬間は甘さが口に広がり、だんだんスパイシーになる」とPR。道の駅の並木高明社長は「JALのカレーのファンは多い。コラボできて良かった」と話した。


  • LINEで送る