スーパーの店長ら100万電話de詐欺防ぐ 山武署が感謝状

感謝状を受け取った山口店長(前列左から2人目)と奥野副店長(同3人目)=山武署
感謝状を受け取った山口店長(前列左から2人目)と奥野副店長(同3人目)=山武署

 電話de詐欺を防止したとして、山武署(太田裕介署長)は山武市にあるスーパー「セイミヤ松尾店」の山口智拡店長(37)と奥野法也副店長(47)に感謝状を贈った。

 同署によると、5月11日夕方、同市の70代女性が来店し、銀行ATMの操作を店員に尋ねた。山口店長らが話を聞くと「長男から100万円を頼まれた」と女性が話したことから詐欺を直感。同署に通報し事件を防いだ。女性宅には息子を名乗る男から「会社の書類を落とした」などとする電話が入っていた。

 山口店長は「地域のスーパーとして地元の安全を守ることも大切。役に立てて良かった」とほっとした表情。奥野副店長も「年配客が多いのでこれからも地域の安全のためしっかりケアしたい」と話した。同署管内の電話de詐欺の未然防止は今年初という。


  • LINEで送る

山武市