【インタビュー】豊かな表情にギョ注目! さかなクン(館山市) 「驚き!海の生きもの超伝説 劇場版ダーウィンが来た!」

インタビューに応じたさかなクン=東京都江東区
インタビューに応じたさかなクン=東京都江東区
トビハゼ(製作・配給 ユナイテッド・シネマ)
トビハゼ(製作・配給 ユナイテッド・シネマ)

 NHKの人気自然番組「ダーウィンが来た!」の劇場版第3弾となる本作。現在も新種や不思議な生態が続々と発見される「海」が舞台となっている。出演・ナレーターのさかなクンに作品の見どころや、ふるさと大使を務める館山の魅力について聞いた。(溝口文)

 -同作の魅力、見どころは。

 「海の生き物の輝きや、一瞬見せるすばらしい表情や行動など、貴重なシーンがギョウ縮していますので、全部が見どころだと思います。潜ったら必ずその行動が見られるかというと、実はなかなか見られない。本当に海の状態が良いとラッキーで見られることもあれば、来る日も来る日も見られないことも。本当にぜいたくな、貴重な映像が大集ギョウした映画です」

 -全編見どころとのことですが、中でも好きなシーンは。

 「どの生き物も魅力的ですが、私は“さかなクン”ですので、やっぱりお魚に注目してしまいますね。恋のシーズンを迎えた『トビハゼ』ちゃんが、雌を招き入れるために巣穴を作って、雄がピョンピョン飛び跳ねるんです。トビハゼちゃんはお魚ですが、潮が引いた後の泥干潟に出て飛び跳ねるお魚なので、天敵が鳥さんなんですね。気付かれると食べられてしまいますので、普段は干潟と同じような茶色っぽい色をしていますが、恋の季節を迎えた雄はあえて目立つピンク色になります。そして、雌に気付いてもらうために元気に飛び跳ねるんです。雄は喜びの表現なのか、雌のほっぺにチュッとする感じがかわいいですね。お魚ですけど、私たちと同じなんだなという。愛情や情熱のようなものが伝わってきて、いいなあと思いますね」

 -一番好きな海の生き物は。

 「やっぱり頭のハコフグちゃんと一心同体なので、フグの仲間が大好きです。館山市で暮らすようになり、漁師さんの定置網漁にギョ一緒させていただくことが多いのですが、時々『イシガキフグ』ちゃんという、ハリセンボンの仲間のフグちゃんが捕れるんです。そのイシガキフグちゃんが大好きで。怒ったときは目がつり上がったり、穏やかなときは目がとろーんとして幸せそうな表情をしたり、おなかが減ると水鉄砲を顔にかけてきたり、とっても表情豊かでかわいいんですね。

 『魚って表情ないじゃん』とおっしゃる人が結構いるのですが、とんでもない! 映画でも色んな生き物の表情をたくさんギョ紹介していただいています。見てくださった人は『海の生き物ってこんなに豊かな表情を持っているんだ』ときっとお気付きになると思います」

 -館山市に移住したきっかけ。

 「館山の海とお魚の種類の多さにすギョくひかれたことが大きいです。海が大好きになったのが小学2年生くらい。白浜(現在の南房総市)に親戚がいて、それまで何げなく遊びに行っていたのが、お魚が好きになってからは全く変わりました。空気もおいしいし、海はきれいだし『将来は絶対に房総半島に住みたい』という思いがありました。

 館山は住めば住むほど、来て良かったなと思いますね。季節のメリハリがすギョくあって、四季の移り変わりとともに見られる魚も変わります。寒流、暖流の影響もあって魚の種類が本当に多い。色んな魚に会える海です」

 -館山の海で見ることのできる魚について。

 「実は、映画に登場する『ジンベエザメ』ちゃんは毎年のように来遊します。漁師さんの定置網に迷い込んでくるんですね。(作中に登場する)『ムンクイトマキエイ』は海外のイトマキエイちゃんですが、館山の海にも『イトマキエイ』や『ヒメイトマキエイ』など、とても近い仲間がやって来ます。『クモガニ』ちゃんが大集団で脱皮するシーンも、すギョくびっくりな光景ですが、その仲間でクモガニ科最大種の『タカアシガニ』ちゃんも房総の海で見られます」

 -読者にメッセージを。

 「『海の生き物に会いたい』という気持ちになっていただけたら。やっぱり自分の目で本物の自然を見て、触れて、体感する感動に勝るものはないと思います。海が大好き、生き物が大好きという気持ちを持っていただけたら、さかなクンとしてもうれしいですね」

   ◇    ◇

 ◆厳選された珠玉の映像

 【ストーリー】旅のはじめは、大スペクタクル。北太平洋のアリューシャンの海では、年に一度、オキアミの大発生を目掛け、おびただしい数の海鳥と数百頭のクジラが大集結する。モンハナシャコの鉄拳パンチやペリカンの飛び込み漁など、驚異の技が飛び出す生き物同士の攻防も見どころの一つ。さらに、ひなに走りを教えるジェンツーペンギンやラッコの子育てなど、親から子への“命のリレー”を見ることができる。約200本の番組アーカイブから厳選された、約60種の海の生き物たちの珠玉の映像を一挙大公開。

 【作品データ】出演・ナレーター=さかなクン。ナレーター=水瀬いのり。ヒゲじい=龍田直樹。監督=田所勇樹。上映時間=84分。映像提供=NHK。制作=NHKエンタープライズ。製作・配給=ユナイテッド・シネマ。ユナイテッド・シネマほか全国公開中。

 【千葉県内上映館】シネプレックス幕張、旭サンモールシネマ、MOVIX柏の葉ほか。

 ◇さかなクン

 東京都出身、館山市在住。画家。国立大学法人東京海洋大学名誉博士/客員准教授。館山おさかな大使。“渚の駅”たてやま名誉駅長。2010年には絶滅したと思われていたクニマスの生息確認に貢献。海洋に関する普及・啓発活動の功績が認められ、12年に「海洋立国推進功労者」として内閣総理大臣賞を受賞した。


  • LINEで送る