巨大わらじで「ここに大男がいるぞ」 疫病神退散の民俗行事「綱つり」 千葉・富津

大わらじを集落の境界につるす住民=4日、富津市
大わらじを集落の境界につるす住民=4日、富津市
住民によって出来上がった三つの大わらじ=4日、富津市
住民によって出来上がった三つの大わらじ=4日、富津市

 厄よけのため、集落の境界に巨大わらじをつるす民俗行事「綱つり」が4日、千葉県富津市の関尻地区で行われた。同地区(16戸)の住民16人が長さ約1・5メートル、幅約0・6メートルの三つの大わらじを編み、集落の境に当たる道路沿いなどにつり下げた。

 疫病神を集落に入れないため、「ここにはこんなに大きなわらじを履く大男がいる」「新しいわらじを履いて帰ってもらう」との願いが込められている。

 門前払いにするとたたりが怖いので、もてなしの意味を込めてわらで作った酒だるを大わらじに添え、「疫病は済み(炭)ました」「過ぎ(杉)ました」と木炭と杉の葉も付ける。

 毎年2月初め、住民がお堂に集まって新しいわらじを作るが、コロナ禍で延期になっていた。同地区の班長を務める鈴出定一さん(59)は「コロナの一日も早い収束と地域内の無病息災を祈った」と語った。


  • LINEで送る