「見て見ぬふりできない」 襲われている女性救助、千葉市の山口さん賞揚 県公安委員会

小堀委員長(左)から公安委員会賞揚を受ける山口さん=千葉東署
小堀委員長(左)から公安委員会賞揚を受ける山口さん=千葉東署

 千葉市若葉区のアパート敷地内で発生した殺人未遂事件で、男に馬乗り状態で襲われている女性を救ったとして、県公安委員会は同区の介護ヘルパー、山口詔子さん(63)に公安委員会賞揚を授与した。

 事件は昨年12月、同区のアパート敷地内で発生。山口さんは70代の男が女性に馬乗りになっている現場に出くわし「見て見ぬふりはできない」と男の脇腹を蹴り、女性を救護した。男は包丁を持っており、殺人未遂容疑で逮捕された。

 山口さんは千葉東署長からも感謝状を受け取っており、同事件で2度目の顕彰。同署で開かれた授与式で、県公安委員会の小堀陽史委員長は「勇気ある行動。県民の模範となる」とたたえ、山口さんは「助けることができてほっとしている」と目を細めた。


  • LINEで送る