痴漢逮捕!!高校生お手柄 松戸署感謝状

  • LINEで送る

お手柄で感謝状を贈られた高校生=松戸署
お手柄で感謝状を贈られた高校生=松戸署

 松戸署(飯田剛士署長)は、電車での痴漢容疑者逮捕に貢献したとして、千葉県立沼南高柳高校2年の男子生徒(17)と女子生徒(17)に署長感謝状を贈った。

 同署によると、今月13日午後6時55分ごろ、吉川駅から新松戸駅に向かうJR武蔵野線の車内で、大柄な男(31)が、女子中学生(13)の太ももや尻を触るなど痴漢行為をした。

 女子中学生が「触りましたよね」と抵抗すると、男は新松戸駅で下車し逃走。ショックで涙をこぼす中学生を見て、居合わせた女子生徒は「このまま逃がしたくない」と決意し男子生徒に協力を求めた。

 降りたふりをして再び電車に飛び乗った男を見つけるや男子生徒は、運転士に事情を説明。同駅で停車した車内で駅員や警備員らと一緒に車内を捜索し、上着を脱ぎ、ニット帽をかぶるなど変装していた男を発見した。この間、女子生徒も乗客らに協力を求めるなど犯人逮捕に一役買った。

 2人は同じクラスの同級生。飯田署長に「強い正義感のおかげで逮捕できた」とたたえられ、「こういう経験は初めて。光栄に思う」と胸を張った。