幕張でイルミネーション点灯式 医療従事者に”感謝”の光 来年1月まで

駅前が華やかな明かりで包まれたイルミネーション点灯式=千葉市美浜区の海浜幕張駅前広場
駅前が華やかな明かりで包まれたイルミネーション点灯式=千葉市美浜区の海浜幕張駅前広場
海浜幕張駅北口にもイルミネーションが登場
海浜幕張駅北口にもイルミネーションが登場
熊谷俊人市長(中央)らが参加したイルミネーションの点灯式
熊谷俊人市長(中央)らが参加したイルミネーションの点灯式

 千葉市美浜区の幕張新都心で、冬のイルミネーションイベント「マクハリイルミ20/21 青の光に感謝を込めて」が始まった。JR海浜幕張駅前や周辺ホテルなどが幻想的なムードに包まれている。来年1月17日まで。

 市や地元企業の団体、自治会などが実行委を組織。同駅周辺の商業施設やホテル、幕張メッセなどが同イベントに参加した。同駅南口には高さ約4メートル、直径約6メートルの「ブリリアンドーム」が登場。まばゆい青色の光で、新型コロナウイルス感染症の治療に奮闘する医療従事者に感謝の思いを伝えている。

 地元の子どもたちが作ったプラスチック製の飾りもお目見え。「お体に気をつけてください」「いつもおくすりありがとう」などの医療従事者へのメッセージが添えられている。

 13日の点灯式では来場者がカウントダウン。熊谷俊人市長は「新型コロナで気持ちが下を向きがちな中、幕張から希望の光が広がってほしい」とあいさつした。仕事帰りに会場を訪れた美浜区の自営業、堀井一人さん(44)は「華やかで元気がもらえた。見に来てよかった」と笑顔。息子の大一陽(だいや)ちゃん(2)は「きらきらしてた」と大喜びだった。

 実行委はイベント期間中に周辺施設で使えるクーポンが付いた公式ガイドブックを配布。インスタグラムを使ったフォトコンテストも開催している。

 点灯時間は午後5~11時。問い合わせは同実行委事務局(電話)043(213)6911。


  • LINEで送る