豊田川が“天の川”に 茂原・冬の七夕イルミ点灯

天の川に見立てた冬の七夕まつりのイルミネーション=茂原市の豊田川
天の川に見立てた冬の七夕まつりのイルミネーション=茂原市の豊田川

 8日に茂原市役所周辺で行われる「冬の七夕まつり」に先立ち、1日夜、会場近くを流れる豊田川のイルミネーションが点灯した。全長約100メートルの川面、川岸に趣向を凝らした電球を飾り、彦星と織姫が出会う「天の川」を演出している。

 同まつりは7月の七夕まつりで有名な茂原市が、冬にも観光イベントを開催しようと6年前にスタート。毎年、企画を充実させ着実に来場者が増えている。

 8日は正午からライブ、踊り、クイズ大会などステージイベントがあり、地元飲食店の名物料理のブースが出店。足湯やプラネタリウムも用意する。夜にはペットボトルを利用した手作りのLEDランタン、光る短冊などが光りの祭典を彩る。

 豊田川のイルミネーション(午後5時30分~9時)は14日まで続けられる。


  • LINEで送る