2020夏季千葉県高等学校野球大会 あの瞬間を捉えた写真も多数
新型コロナウイルス情報

銚子電鉄、地場産品の救世主に 買い取り進めネット販売 コロナ禍に恩返し

オリジナル商品や地場産品を販売する銚子電鉄犬吠駅の売店=8月、銚子市
オリジナル商品や地場産品を販売する銚子電鉄犬吠駅の売店=8月、銚子市
銚子電鉄の竹本勝紀社長=8月、銚子市
銚子電鉄の竹本勝紀社長=8月、銚子市

 経営難が続く銚子市の銚子電鉄が、新型コロナウイルスによる観光客減少で行き場をなくした地場産品の買い取りを進めている。自社のオンラインショップで販売し、売れ行きは好調だ。竹本勝紀社長(58)は「地域に支えられてきた鉄道会社として、ささやかな恩返しができれば」と話す。

 市内で海産物を扱う高根商店は5月の売り上げが前年同月比約15%まで落ち込んだものの、その後、銚子電鉄のオンラインショップで缶詰や珍味 ・・・

【残り 833文字】



  • LINEで送る