2020夏季千葉県高等学校野球大会 あの瞬間を捉えた写真も多数

アイス「ガリッガリ君」銚子電鉄が配布取りやめ 理由は「諸般の事情」 竹本社長「会社は溶かさないように…」

配布取りやめになった「ガリッガリ君」のパッケージ(同電鉄提供)
配布取りやめになった「ガリッガリ君」のパッケージ(同電鉄提供)

 厳しい経営状況が続く銚子電鉄(銚子市)が「経営状況が痩せ細っている」ことを逆手に取って名付け開発したアイス「ガリッガリ君」について、同電鉄は7日、8日から予定していた犬吠駅での配布を取りやめると発表した。

 同電鉄によると、同アイスはスナック菓子「まずい棒」の考案者・寺井広樹さんが考えた。商品ではなく、犬吠駅売店で3千円以上購入した来訪者に600本限定でプレゼントする予定だった。

 同電鉄は、配布取りやめの理由について「諸般の事情」としているが、何らかの苦情を受けたものとみられる。同電鉄は「皆様にご迷惑をおかけいたしました」との文章をホームページに掲載。竹本勝紀社長は「アイスは溶かしてしまったが、会社は溶かさないようにこれからも経営改善に取り組みたい」と話した。

 乗客の約8割を観光客が占める同電鉄は、新型コロナの影響で運賃収入と副業・食品部門の売り上げが低迷。厳しい経営状況に置かれている。


  • LINEで送る