2020夏季千葉県高等学校野球大会 あの瞬間を捉えた写真も多数
新型コロナウイルス情報

稲毛海浜公園プールが8月1日オープン 入場券前売り、人数制限も

 稲毛海浜公園プール(千葉市美浜区)が、新型コロナウイルス感染拡大防止策を講じた上で8月1日にオープンする。利用は前売り入場券購入者に限定し、1日最大5千人まで。週末を中心に9月22日まで開設する。

 前売り券は入場人数を把握するため入場日を指定して販売。「セブン-イレブン」の発券端末で事前に購入する(当日購入も可)。例年行列ができるプール窓口では販売しない。

 来場者の検温や更衣室の換気を行い、施設の順番待ちで間隔を確保して「3密」を回避。人々が滞留する恐れのある造波プールは波を止めて使用する。昨年は1日で最多1万人の来場があり、今年は半数までに抑える。

 同施設は、浮輪に乗って高さ9メートル、全長80メートルを滑り下りるフロートスライダーが人気。3人が同時に横並びで滑る3連式ウオータースライダーも利用者が多かったが、老朽化のため撤去する。千葉市公園管理課の担当者は「施設の感染対策を万全にとっている。夏の暑い時期にプールで泳いで開放感を楽しんでほしい」と話している。

 開設は8月1日~9月22日の土日祝日を中心にした28日間で、午前10時~午後5時。8月8~23日は毎日営業する。一般1200円、高校生850円、小中学生400円、4歳以上200円。問い合わせは同プールホームページかワールドパーク(電話)043(247)2771。


  • LINEで送る