荒川で捕獲のシカ 市原の動物園へ  命名は「ケープ」

都内で捕獲され、市原市の「サユリワールド」に到着したシカ=8日午後5時半ごろ、同市山小川
都内で捕獲され、市原市の「サユリワールド」に到着したシカ=8日午後5時半ごろ、同市山小川

 東京・足立区の荒川河川敷で3日に捕獲されたシカが8日、市原ぞうの国の姉妹動物園「サユリワールド」(市原市山小川)に引き取られた。

 一時保護していた区が引取先の動物園を探していたが、20カ所以上に断られたという。「命を守るため」と即決したぞうの国の坂本小百合園長は「目が大きくてかわいい」と“新入り”を歓迎。

 さっそく付けられた名前は、エスケープ(逃げる)にちなみ「ケープ」。体長約1・5メートル、体高約1・2メートルの雄で、健康状態も良好。今後、同園で飼育される。

 区役所の担当者は「元気に暮らせる場所が見つかりほっとした」と話した。


  • LINEで送る