「カミクラゲ」期間限定展示 4月上旬まで 鴨川シーワールド

4月上旬まで展示される「カミクラゲ」(鴨川シーワールド提供)
4月上旬まで展示される「カミクラゲ」(鴨川シーワールド提供)

 鴨川シーワールド(勝俣浩館長)は、冬から春にかけて現れる神秘的な「カミクラゲ」の展示を始めた。同館エコアクアローム内「Kurage Life(クラゲライフ)」で4月上旬まで観賞できる。

 カミクラゲは髪の毛のような触手がある小さなクラゲで、東京湾内の漁港などに出現。ただ、生態には不明な点が多く、4月の桜が散るころになると姿を消してしまうという。

 同館のカミクラゲは、今月1日に富津市大貫の漁港で採集。約40匹がゆらゆらと浮遊する姿を楽しめる。担当者は「期間限定の神秘的なクラゲ。ぜひ見てほしい」としている。

 問い合わせは同館(電話)04(7093)4803。


  • LINEで送る