2020夏季千葉県高等学校野球大会 あの瞬間を捉えた写真も多数

車内で猫と触れ合って! 銚子電鉄が来月5日「ぬくねこ電車」 乗客増へ専門学生企画 

銚子電鉄社員(右端)と「ぬくねこ電車」の打ち合わせを行う木原さん(左から2人目)ら日本工学院の学生・講師=銚子市
銚子電鉄社員(右端)と「ぬくねこ電車」の打ち合わせを行う木原さん(左から2人目)ら日本工学院の学生・講師=銚子市

 銚子電鉄(銚子市)の電車内で猫と触れ合えるイベント「ぬくねこ電車」が、2月5日に運行する。専門学校「日本工学院」(東京都大田区)の学生が企画。猫の写真が撮影できるよう小道具も用意する。
 
 同校ミュージックカレッジの蒲田キャンパス(同区)コンサート・イベント科25期の学生が企画し、制作・運営も担う。
 
 猫カフェの協力を得て、電車内に猫と触れ合える場所を設ける。車内で地産キャベツを使ったミルフィーユ鍋も楽しめるほか、市内を散策する自由時間もある。
 
 本県出身の同科2年、木原花梨さん(19)が「日本一のエンタメ鉄道」を目指す同電鉄に着目し、電車を借りてイベントを行いたいと学校側に提案したことを契機に実現。学生たちは同電鉄側との打ち合わせにも臨んだ。木原さんは「観光地である銚子を盛り上げ、ローカル鉄道の乗客を増やす一助となれば」と意気込んでいる。
 
 大人2千円、小中高生千円、未就学児無料。定員50人。同日午前11時20分受け付け、11時50分開始、午後4時半解散予定。申し込み方法など詳細はイベントのホームページ(https://nukunekoedensha.jimdofree.com)まで。


  • LINEで送る