営業距離わずか2.2キロ 「日本最短」の芝山鉄道 【千葉地理学会連載 おもしろ半島ちばの地理再発見】

  • LINEで送る

東成田駅の入口と通路
東成田駅の入口と通路
芝山千代田駅ホームから見える成田空港
芝山千代田駅ホームから見える成田空港
芝山千代田駅の先で途切れた線路
芝山千代田駅の先で途切れた線路

 千葉県には、起点と終点の2駅間しかない鉄道会社があります。それは芝山鉄道です。

 芝山鉄道の営業距離はわずか2・2キロです。鉄道事業法による認可を得た鉄道の最短は、京都府の鞍馬山鋼索鉄道で、191メートルしかありません。ですが、これは鞍馬寺への参詣者の利便のために鞍馬寺が運営しているケーブルカーです。自社で線路を保有し運送を行う第一種鉄道事業者の普通鉄道としては、芝山鉄道が全国最短です。会社ホームページでも「日本一短い鉄道」をうたっています。

 芝山鉄道は1981(昭和56)年に設立されました。その目的は、成田空港開港に伴う東南側地域への住民の補償として、国が京成本線を第三セクター方式で延伸する形で建設を約束した鉄道です。88(昭和63)年に鉄道事業免許を取得後、何度かの事業計画変更を経て、98(平成10)年に工事に着手し、2002(平成14)年に開業しました。

 京成本線成田駅から先、空港第2ビル駅(第2ターミナル)・成田空港駅(第1ターミナル)に行く京成本線とは別に、京成東成田線が分かれています。その終点である東成田駅(とは言え、成田駅から1駅)から、京成東成田線と直結して、芝山鉄道が芝山千代田駅まで通っています。芝山鉄道の駅は東成田駅と芝山千代田駅の2駅だけなのです。

 成田駅から発車した電車は、成田空港の敷地手前から地下に入ります。東成田駅は成田空港の地下にあります。東成田駅は元々、京成本線の終点の成田空港駅として1978(昭和53)年に開業しました。91(平成3)年に現在の成田空港駅が開業したことに伴い、東成田駅に名称変更されました。

 電車を降りたホームの向こうに、現在は使われていないもう一つのホームが薄暗い中に残っています。小さな改札を出ると、成田空港駅時代には当時の改札脇を華やかに飾っていたであろう巨大レリーフも、今では寂しさを漂わせています。外に出る階段や通路、空港第2ビル駅に通じる500メートルの地下通路も、現在は空港関係者以外、ほとんど人が通らないそうです。廃墟感が漂う雰囲気が独特です。

 東成田駅から先、電車はトンネルから地上に出るとすぐに芝山千代田に到着です。駅の先、すぐの所で線路は途切れています。

 芝山千代田駅の先について、地元3市町(芝山町・山武市・横芝光町)では芝山鉄道延伸連絡協議会を構成し、蓮沼海岸までの鉄道延伸の早期実現を目指しています。しかし現実にはなかなか進まず、現在は「暫定措置」として、地域住民の交通の利便向上を目的に、成田空港第2旅客ターミナルと横芝屋形海岸を結ぶ空港シャトルバスを運行しています。

 空港東南側地域住民にとっては、このバスや芝山鉄道が空港や成田方面、そして北総・都内方面への便利な交通手段となっています。

(横芝小学校長 佐瀬一生)