2020夏季千葉県高等学校野球大会 あの瞬間を捉えた写真も多数

今年の干支と「ピース」 千葉市動物公園・家族連れに笑顔

鏡餅をあしらった3匹のモルモットと記念撮影する家族連れ=3日、千葉市若葉区の市動物公園
鏡餅をあしらった3匹のモルモットと記念撮影する家族連れ=3日、千葉市若葉区の市動物公園

 千葉市動物公園(同市若葉区)内のふれあい動物の里で3日、今年の干支(えと)のネズミにちなんだ写真撮影会が行われた。3匹のモルモットが台に乗り、職員手作りの飾りを頭に乗せて鏡餅のコスプレが完成。おとなしく台に座る愛らしい姿に、家族連れらは「かわいい」と表情を緩めながら、一緒に写真へ納まった。

 同園での干支にちなんだ撮影会は初めて。同園職員の浅井沙羅さん(24)が考案した。モルモットは普段から人間と触れ合うため、膝に乗せるなどの訓練をしており、じっとしていることができるという。木製の台は浅井さんが業務の合間を縫って、手作りした。

 同市立宮野木小1年の石井和花ちゃん(6)は「目がくりくりしていてかわいい」とうれしそうに話した。同市中央区の根田淳美さん(27)も「飾りがかわいい。こういうイベントに参加するのは初めて。またやってほしい」と要望した。

 撮影会は5日まで行われる。1日2回実施され、1回目が午前11時、2回目は午後3時から。浅井さんは「お正月らしいイベントになっている。モルモットのかわいらしい姿を見に来てほしい」と来場を呼び掛けた。


  • LINEで送る