園児力士とぺったん!! 餅、ちゃんこ鍋楽しむ 柏

大相撲の力士の力を借りて、もちつきする園児ら=柏市
大相撲の力士の力を借りて、もちつきする園児ら=柏市

 大相撲高田川部屋(東京都江東区)の力士たちが、柏市の柏さくら幼稚園を訪れ、園児たちともちつきをしたり、ちゃんこ鍋を振る舞ったりと交流した。

 同部屋の白鷹山など12人の力士が来訪。同園や埼玉県三郷市の埼玉さくら幼稚園などの園児計620人と触れ合い、保護者とともにつきたての餅を味わった。

 日本の伝統文化に触れる機会を提供しようと毎年行っており、今年で8年目。園児の「いつも何を食べていますか」の質問に、力士たちは「ちゃんこを食べています。うちの部屋が一番おいしいちゃんこです」などと回答。園児たちは力士によるもちつきを「がんばれ」の掛け声で見守った。

 同園の染谷照夫理事長は「園児たちに正月行事のもちつきや国技に触れてほしい思いで続けている。力士と触れ合うと縁起がよいとも言われている」。同部屋のおかみさんの山中基唐子さんは「力士も子どもたちからパワーをもらっている」と目を細めた。


  • LINEで送る