2020夏季千葉県高等学校野球大会 あの瞬間を捉えた写真も多数

中国ランタン復活 色鮮やか幻想世界 袖ケ浦・ドイツ村 【台風 被災地はいま】

 台風15号の直撃で開催が遅れていた東京ドイツ村(袖ケ浦市永吉)のイベント「チャイナランタンエリア」がスタートした。被災後、中国から職人約60人を招いて復旧作業を進め、多彩な30作品の復活となった=写真。

 日没後に点灯され、台湾の観光地・九份(きゅうふん)の街を再現した高さ10メートルの巨大ランタンや帆船、登竜門、パンダなどが色鮮やかに輝き、ボート池を中心とした5万平方メートルに幻想的な世界を作り出す。

 ランタンは、唐の時代から続く中国の伝統的な工芸品。鉄の骨組みと特殊な布で作られ、LED電球で光を放つ。昨年初開催されたが、台風の強風で壊滅状態に。当初の11月1日開始に間に合わせることができなかった。

 来年4月5日まで、ウインターイルミネーションと同時開催。問い合わせは同園(電話)0438(60)5511。


  • LINEで送る