大学生が「我孫子総菜」 地場野菜使い考案 16日発売「すき焼き肉巻き」

「すき焼き肉巻き」
「すき焼き肉巻き」
販売が始まる総菜「すき焼き肉巻き」を考案した学生たち=我孫子市
販売が始まる総菜「すき焼き肉巻き」を考案した学生たち=我孫子市

 我孫子市にキャンパスのある川村学園女子大学で栄養学を学ぶ学生らが地場産野菜を使った総菜「すき焼き肉巻き」を考案。16日から、あびこ農産物直売所あびこん(高野山新田)で販売される。

 あびこん運営会社のあびベジと市が協力を依頼。同大生活創造学部生活文化学科の学生が協力した。学生らは地元農産物の旬の時期や特徴などの情報提供を受け、5班に分かれレシピ開発に取り組んだ。

 味や見た目、独自性などの評価選考の結果、優秀賞3品、特別賞1品を表彰。優秀賞のすき焼き肉巻きはキャベツやニンジン、ジャガイモを彩り豊かに見せる工夫や年齢を問わず好まれる味付けなどが評価され、最も総合点が高かった。

 考案した学生6人は「断面がきれいに見えるように色が濃い野菜を真ん中にいれた」などと工夫した点を挙げた。

 16日にあびこんのある水の館駐車場で開かれる「市農業まつり」で1パック280円で販売するほか、同日からあびこんで販売を始める。ほかに提案されたピザハルや春野菜チャンプルー、ほうれんそうのシフォンケーキについても、食材の旬を考慮し順次商品化を検討する。


  • LINEで送る