学園祭で被災地支援 「東北物産展」を開催 きょうから、淑徳大学

 千葉市中央区の淑徳大学は東日本大震災の被災地支援活動の一環として、29~30日の学園祭「龍澤(りゅうたく)祭」の中で東北物産展を開催する。学園祭の収益の一部は被災地に義援金として送る。

 同大学では4月から、延べ400人の学生と教職員をボランティアとして、宮城県石巻市雄勝町に派遣してきた。今回の物産展も支援活動の一環で、同町の特産品「とろろ昆布」や仙台名物の牛タン製品など約30点を学生らが販売する。

 同町の雄勝硯(すずり)職人、高橋頼雄さんも来校し、物産展で硯や工芸品について説明する。龍澤祭は両日とも午前10時~午後4時まで。問い合わせは同大学、電話043(265)7340。


  • LINEで送る