新元号は令和だゾウ 市原ぞうの国・ゆめ花得意の文字書き 【月刊ほぼ実物大ニュース】

  • LINEで送る

ゆめ花が紙面を意識して文字書きに挑戦した「令」の字
ゆめ花が紙面を意識して文字書きに挑戦した「令」の字
新元号が決まった1日に「令和」の2文字を披露したゆめ花=市原ぞうの国
新元号が決まった1日に「令和」の2文字を披露したゆめ花=市原ぞうの国

 新元号が決まった1日、市原市の動物園「市原ぞうの国」では、お絵描きが得意な雌のアジアゾウ、ゆめ花(11歳)が鼻の先でつかんだ筆を器用に動かし「令和」の2文字を披露した。作品はエントランスに飾られ、新時代幕開けのお祝いムードを高めるのに一役買っている。
 
 「令和」の公式作品は現時点で1枚のみだが、今回は同園が「月刊ほぼ実物大ニュース」に特別協力。B2程度から大幅にサイズダウンした紙面を意識した文字書きに、ゆめ花が挑戦した。ダイナミックな筆遣い故に、「和」が書き切れなかったのはご愛嬌(あいきょう)?

 平成元年にオープンし、動物と触れ合う場を設けるなどして多くの来園者を楽しませてきた同園。28日の開園30周年記念イベントでは、ゆめ花が一時代の締めくくりとして「平成」の2文字を披露する予定だ。

※2019年4月23日付け新聞紙面で、ゆめ花の書いた「令」の写真をほぼ実物大で掲載しています。
※【月刊ほぼ実物大ニュース】は、原則毎月第4火曜日に掲載します。次回掲載は5月28日予定