蝶野選手、船橋市役所訪問 AED普及呼び掛け

  • LINEで送る

AED普及のPR活動で船橋市役所を訪れ松戸市長(左)と握手をする蝶野選手
AED普及のPR活動で船橋市役所を訪れ松戸市長(左)と握手をする蝶野選手

 AED(自動体外式除細動器)の普及活動を展開しているプロレスラーの蝶野正洋選手(54)が20日、船橋市役所を訪問。24日、船橋アリーナで行われる千葉ジェッツふなばしの試合前に蝶野選手自らがAEDの講習などを行い、広く普及を訴える。

 蝶野選手は同期入門した橋本真也さん、先輩の三沢光晴さんが病気や事故などで亡くなったことをきっかけに、選手の健康管理を声高に訴えるようになり、救急救命講座の受講推進やAEDの普及に力を尽くしている。

 現在は一般社団法人ニューワールドアワーズスポーツ救命協会の代表理事を務め、日本AED財団のAED大使としても活躍する。

 船橋市を拠点に災害支援活動を続ける千葉レスキューライオンズクラブ(大渕彰雄会長)が、同市と千葉ジェッツふなばしへAEDを1台ずつ寄贈することを決定。そのお披露目も兼ね24日の試合前にAEDの実演などを行うため、蝶野選手が特別出演する。

 市役所を訪れた蝶野選手は「AEDはボタンを押せば自動で動いてくれる。大切なのは皆が(体調が悪くて)困った人に声を掛けてあげること」と、人命救助は機械だけでなく、思いやりの心を持つことが大切と呼び掛けた。