変わる大学入試 対策は高校入学直後から? 【合格への助走 市進受験ナビ】

変わる大学入試 対策は高校入学直後から? 【合格への助走 市進受験ナビ】
変わる大学入試 対策は高校入学直後から? 【合格への助走 市進受験ナビ】

 大学入試は2021年度入試より選抜制度が大きく変化しました。「センター試験」は思考力重視型の「共通テスト」になり、「推薦入試」「AO入試」はそれぞれ「学校推薦型選抜」「総合型選抜」へと名称やその中身も変わりました。

 親世代が経験した「正解をより速く、正しく見つけ出す力」にとどまらず、今の大学入試では高い基礎学力とともに「論理的な課題解決能力(問いを自ら発見し、答えを作り出すこと)」が求められています。このような大学入試で意識したいことを挙げてみますので、今後の参考にしてみてください。

①一般選抜での入学者は全体の半分以下

 かつては入学者の大半を一般選抜が占め、その他は例外的な枠というイメージでしたが、近年は学校推薦型選抜、総合型選抜での入学者が急速に増え、21年には一般選抜による入学者が全体の半分を下回りました。学校推薦型選抜、総合型選抜では学校成績が良いと有利になる場合が多いため、高校入学直後にまず取り組むべきは”定期テストの対策”となります。
【残り 747文字】



  • LINEで送る

千葉県