在校生が語る私立中のリアルな魅力! キラッと★学校自慢 記事一覧 【千葉中学受験】

 千葉県内の私立中学校に通う生徒たちの生の声を聞き、彼らが挙げた「学校自慢ベスト3」を紹介するコーナー。各学校のリアルな魅力に迫ります。

 【特別編】では、制服の人気ポイントや服装に関する校則、授業料以外にかかる学費、いじめへの対応などを学校にアンケート。気になる情報をたっぷりとご紹介します!(※記事を読むにはオンライン会員登録が必要です)

※掲載は新着順

◆成田高校付属中(成田市)

成田高校付属中
 創立120年を超える成田市の成田高校付属中学校。生徒は成田山新勝寺と成田空港のお膝元で伝統や新しい技術に触れながら学んでいます。中高一貫校のメリットや地域性を存分に生かして学校生活を送る評議委員の4人に魅力を聞きました。

【本編】地域性を学びに生かす12月27日午前5時公開

▶【特別編】1月上旬公開

 

◆光英VERITAS中(松戸市)

和洋国府台女子中
 聖徳大学付属女子中学校・高等学校が2021年4月の共学化に伴い、校名を光英VERITAS中学校・高等学校に変え、新たなスタートを切りました。共学校初年度の1年生3人が語る「学校自慢」とは。

【本編】思いやる心、礼法で学ぶ

【特別編】新制服、キーワードは知性と品格

 

◆和洋国府台女子中(市川市)

和洋国府台女子中
 自身の価値観を持ちながら自ら考えて行動する「凜として生きる」が教育理念の和洋国府台女子中(市川市)。創立より受け継ぐ「女性の自立」を目指す同校ならではの魅力を3年生3人に語ってもらいました。

【本編】女性の自立へ独自教育

【特別編】伝統セーラー服、22年に進化

 

◆芝浦工業大柏中(柏市)

芝浦工業大柏中
 1999年の中学校開設時から生徒が1人1台のノートパソコン(現在はタブレット型パソコン)を持ち、文房具代わりに活用しているというICT教育の先進校。そんな環境で学ぶ“シバカシ生”4人に、学校の魅力や特長を聞きました。

【本編】開校時から個人用端末

【特別編】シックな装い、オプションで個性を

 

◆八千代松陰中(八千代市)

八千代松陰中
 生徒一人一人の「持ち味を生かす教育」を掲げ、多彩なカリキュラムで授業以外の学びも充実させている八千代松陰中(八千代市)。部活動、生徒会、語学など目標に向かってそれぞれの活動に打ち込んでいる3年生3人に、充実の学校生活を語ってもらいました。

【本編】授業以外の学びも充実

【特別編】さわやか・はつらつ・ひたむき象徴

◆昭和学院中(市川市)

昭和学院中
 2020年に創立80周年を迎えた昭和学院は新コース制度を導入するなど、「明敏謙譲(めいびんけんじょう)」を校訓に掲げながら未来に活躍できる「人」の育みに力を入れています。新コースで学ぶ生徒3人に「学校自慢」を聞きました。

【本編】未来に活躍、力育む

【特別編】紺色ブレザーで気品表現

 

◆入試関連ニュース◆

⇒2022年度 千葉県内私立学校 生徒募集要項一覧

⇒2022年春入学の私立学校 千葉県が募集要項発表

⇒21年春入学 私立校初年度納付金まとめ


  • LINEで送る