千葉ジェッツ優勝 地元船橋で祝福セール ファン集いメッセージ 東武百貨店

「祝 いったぜてっぺん!優勝おめでとう」のポスターを張り出し、優勝おめでとうサービスなどを始めた東武百貨店船橋店=2日午前、船橋市
「祝 いったぜてっぺん!優勝おめでとう」のポスターを張り出し、優勝おめでとうサービスなどを始めた東武百貨店船橋店=2日午前、船橋市

 千葉ジェッツふなばしが悲願のBリーグ初優勝を決めてから一夜明けた2日、本拠地・船橋の東武百貨店で「いったぜてっぺん!優勝おめでとうサービス」が始まり、多くのファンや地元の買い物客が訪れた。新型コロナウイルス感染防止対策の上、同店1階には選手に届く優勝記念のメッセージボードを設置。公式グッズやセール品を手にしたファンらが喜びをかみしめた。

 同店によると、先月29日から今月7日まで「千葉ジェッツふなばし大応炎セール」を開催。食料品売り場の一部店舗では和牛が全品10%オフになるなど好評で、数量限定のお買い得品も販売している。

 優勝翌日の2日からは、セールに加えて「優勝おめでとうサービス」を実施。急きょ1階の入り口付近には、メッセージボードと公式グッズの売り場を設けた。各フロアにも「いったぜてっぺん!」のポップが掲示され、婦人雑貨売り場にはハンカチ(330円~)のワゴンが登場。対象のレストランではドリンクサービスを受けられるなど、祝福ムードにつつまれた。

 5日~7日の3日間は、さらに各店舗がお得な商品を詰め合わせた「優勝おめでとう袋」を数量限定で販売する。準備が整い次第、店舗の外観にも懸垂幕を設置。決勝戦と優勝時の写真展示も開始する予定だ。

 メッセージボードを記入した船橋市の看護師、原田知美さん(40)は「優勝が決まった時は涙が止まらなかった」と笑顔。公式キャラクター「ジャンボくん」のトートバッグなどを購入し、「家族4人で応援している。これからもずっと付いていく」と喜んだ。

 「我が街のチームが優勝してくれた。記念に富樫勇樹選手のTシャツを買いました」と話したのは、会社員の西尾拓也さん(47)=同市。「試合は仕事中で見られなかったので、今から家に帰ってゆっくり見返したい」と声をはずませた。


  • LINEで送る