電車型ボトル登場 ジャパンフーズ「房総のおいしい水」

いすみ鉄道(右)、銚子電鉄(左)とコラボレーションしたトレインボトル
いすみ鉄道(右)、銚子電鉄(左)とコラボレーションしたトレインボトル

 飲料メーカーのジャパンフーズ(長柄町)は5日、県内ローカル線のいすみ鉄道(大多喜町)、銚子電鉄(銚子市)とコラボレーションして、電車型ペットボトル入り飲料水「房総のおいしい水トレインボトル」を発売する。両鉄道の駅売店、県内の観光物産店などで販売する。

 房総のおいしい水は、長柄町で深井戸から採水した水に房総産のにがりを加えた同社の定番商品。ペットボトルの側面に電車の図柄をプリント、先頭部分を描いたキャップを付けた。

 350ミリリットル入り、オープン価格(参考価格280円)。


  • LINEで送る