忙人寸語

忙人寸語(2017年4月21日)

  • 0
  • LINEで送る

 男子プロバスケットボール・Bリーグは最終盤。千葉ジェッツは今月2日の秋田ノーザンハピネッツ戦でプレーオフ(PO)進出を決定。天皇杯との2冠獲得にブースター(ファン)の期待が高まっている

▼リーグ序盤のジェッツはけが人が相次ぎ、ベストメンバーをそろえられなかったが、地元・船橋出身のルーキー原修太選手が攻守に献身的プレーをみせて大躍進。今では中心メンバーに

▼今季加入した外国人の中では、タイラー・ストーン選手が開幕前の期待をはるかに上回る大活躍。本場仕込みのプレーで試合をエンターテインメントとしても盛り上げている

▼身長204センチ、体重104キロの巨体。一見するとこわもてながら、人懐っこい性格のストーン選手。勝利した試合後、ブースターと一緒に行う「バンザイ」は、今やジェッツ名物となった

▼ホーム試合入場者数の10万人突破はリーグ一番乗り。8、9日の栃木ブレックスとの大一番は、本紙に「完売御礼」の広告が出るほどの盛況ぶりだった

▼POは5月13日から始まる。けがが長引いていた荒尾岳選手が、栃木戦で元気な姿を見せてくれたのはブースターには何とも心強い。ジェッツ後援会長の松戸徹市長は「優勝したら船橋駅前で優勝パレードをする」と“公約”している。天皇杯で見せた、ここ一番での強さを発揮し、優勝パレードを実現してもらいたい。

 ・・・

【残り 608文字】

全文を読むには、会員登録が必要です。 → 会員登録へ

(月額486円のライトプランがおすすめです)


既に会員登録している方は、ログインして下さい。 → ログイン