2020夏季千葉県高等学校野球大会 あの瞬間を捉えた写真も多数

習志野吹奏楽部が“美爆音”で援護 あす14日映像出演 千葉ロッテ

先月にZOZOマリンで収録された習志野高吹奏楽部の演奏(球団提供)
先月にZOZOマリンで収録された習志野高吹奏楽部の演奏(球団提供)

 14日にZOZOマリンスタジアムで行われる千葉ロッテ-楽天戦で、習志野高吹奏楽部の演奏映像が放映される。同日は球団が地元のために戦う日と位置付けた「ALL for CHIBAデー」の習志野市対象日で、“美爆音”で知られる同部が優勝争いをしているロッテを援護する。

 映像は先月に同球場で部員200人以上が参加して収録され、14日の試合前と七回表終了後にメインビジョンで放映予定。同校オリジナル応援歌「レッツゴー習志野」やロッテ球団歌「We Love Marines」などのマーチングを披露する。

 同部は昨年まで2年間、ロッテの応援に参加する日を1シーズンに1日設けたが、今年は新型コロナウイルス感染拡大の影響で映像出演のみとなった。海老澤博顧問は「(新型コロナで)さまざまな大会やコンサートが中止になり、本校運動部の応援もいまだかなっていない」と話し、「ご覧いただく皆さまの記憶として残していただけると幸い」とした。



  • LINEで送る