「新球場も選択肢」 千葉市長、千葉ロッテ本拠地老朽化で

  • LINEで送る

 千葉市の熊谷俊人市長は29日、同市内のホテルで開かれた県内経済界によるプロ野球千葉ロッテの応援組織「かもめ会」の会員の集いで、本拠地のZOZOマリンスタジアムに代わる新球場を建設する可能性があると明らかにした。

 現球場は「千葉マリンスタジアム」として1990年に開場し92年からロッテの本拠地として使用。老朽化が進み、大規模な改修が必要だという。あいさつで熊谷市長は「改修費用は50億円ぐらいと見込んでいたが、70、80億円ほどかかるのではという話になってきた」と言及。「新たに球場を建てた方がいいのでは、という話も出てくる。市民の税金を預かる立場としてライフサイクルコストを見極めたい」と話した。

 報道陣の取材に熊谷市長は「具体的に場所を考えているわけではないが、あらゆる選択肢を考えないといけない」と答えた。