2020夏季千葉県高等学校野球大会 あの瞬間を捉えた写真も多数

5年に一度のゴールデンイヤー 千葉ロッテ

 2005、10年に日本一に輝き、「5年に一度のゴールデンイヤー」とも呼ばれる千葉ロッテのシーズンが始まる。

 5年連続で開幕投手を務めた成瀬が抜け、投手陣は新たな力に期待が高まる。面白い存在になりそうなのが、韓国人右腕のイ・デウン。チームにはいなかった速球派で、オープン戦4試合に登板し13回無失点と好結果を積み重ねた。同じく新加入した左腕のチェンも開幕ローテーション入りした。伊東監督は「大崩れしない」と期待する。

 救援には益田、大谷、西野ら実績ある面々が控える。それだけに、先発が試合をつくれるか。昨季新人王の石川、09年沢村賞の涌井はもちろん、伸び悩む唐川、藤岡らのシーズンを通しての活躍が不可欠だ。

 今季のスローガンは「翔破~熱く!勇ましく!!泥臭く!!!~」。愚直に次の塁、1点を狙っていく。昨季は盗塁数がリーグワーストタイの64、なかなか機動力を使えなかった。オープン戦では荻野が11試合で7盗塁をマーク。一年通じて出場できれば、攻撃のバリエーションが増える。

 キューバの主砲デスパイネの来日は、開幕に間に合わなかった。長打を連ねる派手な得点力はないが、犠打や盗塁の小技を絡めて、つないでいく。12年首位打者の角中がオープン戦で打率3位と好調。指揮官は相手投手の右左によって3、5番に起用する構えで「軸がしっかりしてくれば」と願う。

 「みんなでやっていくチーム」と涌井は、このチームの持つ強みを口にする。伊東監督の3年目。束となって勢いに乗れば、5年ぶりの日本一が近づいてくる。



  • LINEで送る